5月晴れの下、当道の駅前の国道10号線沿いの泰山木が天に向かって見事な花を咲かせています。
 6月20日に予定している交流会の打合せで、轟の里へ出かけました。棚田は既に田植えを終え、たっぷりと湛えた水に早苗がいきづき、山の緑と空の青を映しだし美しい光景を演じていました。
 作業所では、会長のIさんと会員のYさんの2名が「ゆずこしょう」の瓶詰と彼岸花のラベル貼りに精を出していました。平成12年頃、お取引をお願いしたメンバーは7名でしたが、今では現役は2名のみ。一段落したところでお茶となり、チョコレートとあられの御馳走に手づくりの轟茶(新茶)のお相伴にあずかりました。今回の交流会の実施に向けて例年のように轟集会所で昼食の準備ができないかと相談したところ、轟米のおにぎりと、地域の野菜などの田舎料理でよければと快く受け入れて下さった。次世代の人達にも手伝いをしてもらおうとの算段も胸の中にある様子でした。
 Iさんの家では、今朝この春に生まれた燕が家の周囲を3度ほど飛び回って巣立って行ったとのこと。来年も元気で戻ってきてくれるよう祈ったと話していました。


  巣から飛ぶ燕くろし五月晴      原石鼎

 ゆず畑では、花はもう散っていましたが、残った蔕に小さな固い実がしっかりとついていました。豊作を祈ります。

 <お米会員と生産者との交流会>
日 時 平成27年6月20日(土) 10時出発 16時解散
集合場所 「道の駅」豊前おこしかけ トイレ入口
交 流 先 山田川内地区、アジサイランド「アジサイ祭り開催中」、轟の里
昼食、入浴 轟の里(棚田米の食事)、卜仙の郷(入浴)
会 費 1,500円(入浴料、バス代込み) 当日いただきます。
募集人員 30名(申込期限6月15日 満員になり次第締め切り)
応募方法 電話またはFAX
 詳しいスケジュールは参加いただいた会員様に後日送付いたします。